ご挨拶

さて皆様、ついにBERSERK個人サイト「A man with a former professional title “BERSERK”」をオープンしてみました。

思えば、2018年の9月10日に初めてオンラインカジノと出会い、その頃は右も左も分からず手探りでカジノで遊び、入金しては負け、入金しては負けを繰り返していたものです。

通算15万円程度負けた頃に、いよいよオンカジにも慣れてきて、そのあたりから「カジノでの勝ち方」というものを徹底的に研究するようになりました。

もともと数字には滅法強く、自作のエクセルシートが数字で真っ黒に埋まるぐらいシミュレーションをしました。

 

結果、僕は負けなくなりました。

 

正確に言うなら、負ける日もあるが月間収支でマイナスになることはない、という意味です。

2018年が終わり、明けた2019年の1月、僕はひとつ目標を立てました。

「ひと月平均1500ドル、年間で18000ドル勝つ」

というものです。

 

そしてその1年間、カジノで長く遊びたい!と思う日もグッと我慢し、たとえ少しであっても勝ち逃げ(利確)をし、とにかくコツコツ×2と小さな勝ちを積み重ねることだけを意識してやってきたつもりです。

 

さて。僕はとあるハードベッター(ハイローラー)の方にこう言われたことがあります。

「せっかくカジノで遊んでるのに、そんな小銭勝っても嬉しくないよ」

「自分は千ドル万ドル勝てないと満足できない」

僕のやり方では必ずどこかで大きく負けて、その負け分はコツコツ積み重ねた小銭の山ではカバーしきれない、と言うのです。

 

果たしてそうでしょうか?

 

僕がエクセルシートを数字で真っ黒にした先にあった結論は【還元率100%を超える方法がある】というものでした。

100%を超えるということは、長くやればやるほど勝つということになります。

僕の計算では、コツコツやってても1年間続ければ1万ドルは超えるはずなのです。

その理屈をその人に話しましたが、やはりその人は自分のスタイルを曲げることはなく、いつしか連絡が途絶えました。

派手に勝ちたい人は僕の戦略を実行することができません。たとえ理屈でどれだけ勝てると分かったとしても、それを実行することができないのです。

求めているものが違うからです。

 

皆さんはカジノに何を求めているのでしょう?

お金なのか、娯楽なのか、興奮なのか、安定なのか…

僕は「成果」を求めました。

自分の理論が、大数の法則によるハウスエッジを上回ることができるのか?

これを実証したかったのです。

そしてその実践期間は、2019年の1年間で一応の終わりをみました。

結果、僕は勝ちました。勝ち続けることができました。

塵を積もらせて山にすることは可能なのです。

 

2020年になり、僕は今その山で遊んでいます。2019年にやってきたことを全て放棄し、積み上げた塵の山を使って思うがままにカジノで遊んでいます。

当然、負けますw

負けると痛いです。痛いのですが、もともと僕のお金ではありませんので、そう思うと楽なものですw

自分で言うのもなんですが、これが「カジノ勝ち組の遊び方」なのだと思っています。

自分の身を痛めず、好きなギャンブルを好きなだけやる。

これこそ僕が求めていた理想系です。

 

そしてこれは、決して他人事じゃないです。

あなたにも可能なことです。

あなたに「絶対に負けたくない」と思う気持ちや、「本当に勝ちたい」という強い信念があれば、あとは簡単なコツさえ掴めば常勝することができるでしょう。

ここでは、僕がツイッター上で話せなかった、勝つためのコツやロジック、裏話やカジノのお得な情報等を少しずつ公開していきたいと思っています。

初心者でもカジノで勝てるようにと考えて記事をアップしていきます。

何かの助けになれれば幸いです。

 

 

BERSERK